グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  企業情報 >  健康経営

健康経営


健康経営宣言

日本トレクスでは、従業員が心身ともに健康であることを第一とし、会社・労働組合・従業員が一体となり、健康経営への取り組みを進めています。
お客様に満足していただける製品づくりも、従業員一人ひとりの力がないと成り立ちません。
従業員の健康と個人の能力を最大限に発揮できる職場環境づくりを推進するため、「健康経営宣言」を制定しています。

健康経営優良法人認定

2020年度より継続して健康経営優良法人に認定されています。
今後とも各種取り組みを推進し、健康経営のさらなる推進・発展に取り組んでまいります。

健康経営推進体制

日本トレクスでは健康経営推進のため、経営層・管理本部が中心となり、安全衛生委員会の安全衛生管理活動、委託産業医の医療的支援、健康保険組合の保健事業と連携して活動を推進しています。

健康経営の戦略

企業の持続的な成長実現のために、「人」と「健康」を重要な位置づけとしています。
「従業員の生活習慣や健康度改善による生産性の向上」、および「多様な人材の確保と定着」を健康課題ととらえ、生産性低下の要因を減らし、健康で個人の能力を最大限に発揮できる職場づくりを提供することで、従業員のパフォーマンスを維持・向上させ、『当社で長く働き続けたい』という従業員の増加に繋がるよう継続的に健康経営に取り組み、さらなる企業価値向上を目指します。

健康経営課題(目標値の設定)

『 従業員一人ひとりの健康が会社も健康にする 』

ストレス系症状がパフォーマンス低下と関係性が強いことに着目し、メンタル不調予防として従業員の健康の維持増進のため、健康診断結果・ストレスチェック結果を活用し、心身の健康を保つ施策として、次表の「BMI維持率」、「運動習慣」や「十分な睡眠による休養」、「有給休暇取得率向上」に対し目標を設定し、改善を進めることにより、アブセンティーイズムやプレゼンティーイズムといった生産性低下の要因を減らし、働きやすい環境構築に取り組んでまいります。

< 健康経営に関連する各指標 >
重点取組課題 健康課題 目標値 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度
生活習慣病予防対策 1 定期健康診断受検率 100% 99.7% 97.4% 95.6% 100.0%
2 定期健康診断後の精密検査受診率 100% 21.7% 14.4% 25.5% 16.9%
3 BMI維持率(18.5~25.0未満) 70% 64.8% 65.1% 64.2% 66.4%
4 運動習慣比率 25% 19.6% 19.0% 19.4% 25.6%
5 睡眠より十分な休養が取れている 45% 35.3% 40.2% 41.1% 37.8%
喫煙対策 6 喫煙率 29% 36.5% 33.1% 33.6% 33.1%
メンタルヘルス対策 7 ストレスチェック受検率 100% 96.2% 99.0% 97.8% 97.7%
人材の定着 8 年次有休取得日数 平均8日以上
取得
11.0日 11.2日 14.0日 14.7日
プレゼンティーイズムの改善 9 組織の労働機能の総合評価
(Wfunスコア)
91.5% 91.5%
1、2、6、7、8、9:各項目対象者/全社員
3、4、5:各項目対象者/40歳以上
9:WFun(Work Functioning Impairment Scale)の得点を75-100%に換算して集計(労働機能障害がない状態が100%)

社員の健康を支えるサポート体制(健康投資)

①就業環境の整備
 ♦工場作業者職場環境改善
  ・毎年夏期熱中症対策として、ドリンク無償提供(スポーツドリンクと麦茶 各500mlを計2本/日)
  ・工場設備更新(暑熱対策・空調設備)
  ・夏期空調服貸与
  ・冷感ネックバンド支給
  ・作業服毎年付与

 ♦工場社員食堂設置
  ・工場昼食代の全額会社補助
  ・社食メニューを毎月1回、豪華メニュー(当社が運営するローソンのデザート付き)として提供

夏期の熱中症対策 ドリンク無償配布

本社事業所 社員食堂

特食メニュー

 ♦感染症対策
  ・事務所加湿器設置(冬期)
  ・インフルエンザ予防接種の事業所内集団予防接種(全額会社補助)や家族への費用補助
  ・検温器、手指消毒液等の設置
  ・抗原キットの配布(職場内感染予防)

②働き方の改善・推進
 テレワーク推進、年休取得促進、育児・介護支援、仕事と家庭及び仕事と病気治療の両立等への取り組みを実施

③生活習慣の改善
 ♦運動習慣の推進
  ・ラジオ体操の実施
  ・全額会社補助のオンラインフィットネスにより、従業員の運動習慣化をサポート
 ♦食事改善の取り組み
  ・社員食堂メニューによる健康づくり
    a. カロリー・蛋白・脂質・塩分を表示
    b. 月1回「健康食堂」と題したメニューを提供
  ・外部講師による社内セミナー実施

ベジチェック

食堂前 ベジ数POP表示

 ♦がん対策推進企業アクション 推進パートナー登録
  ・国家プロジェクト「がん対策推進企業アクション」推進パートナーへ登録(2023年2月~)
   人間ドッグやがん検診を推進し、安心して働くことができる職場環境を整備

 ♦禁煙の取り組み
  2023年10月より敷地内全面禁煙としました。
  現状、社員の喫煙率が高いことを受けて、喫煙率低下を目標に、従業員の禁煙をサポートするべく、
  健康保険組合と共同で禁煙支援を行っております。
④健康リスクの改善
 ♦健康診断・各種がん検査等の充実
  ・定期健康診断(大腸がん検診も実施)
  ・健診後のサポート(医療機関受診勧奨、特定保健指導)
  ・人間ドック検診補助制度
   対象:人間ドック費用、胃がん検診、腹部超音波検査、脳検診、乳がん検診、子宮がん検診
    2006年より健康保険組合加入により補助費用見直しによる補助拡大
    2022年より補助費用拡大および検査日有給休暇付与
  ・がんの一次スクリーニング健診の提案
   対象:全従業員とその家族
    2022年より線虫ガン検査N-nose検査費用補助(会社補助に加えて、労働組合員は本人と家族分も組合補助有)
  ・体力測定実施(対象:40歳以上)

 ♦メンタルヘルス対策・ストレスチェックの実施
  ・高ストレス者への産業医面談実施
  ・カウンセリングサービス(外部相談窓口)設置
  ・こころのサポートホットライン設置

  ♦女性の健康づくり支援
  ・外部講師による社内セミナー実施
  ・エクオール検査費用の全額会社補助
  ・外部インストラクターによるオンラインレッスン実施(骨盤底筋トレーニング×ヨガ)
  ・乳がん啓発WEBセミナー(2023年度参加率92%)

働く女性のためのセルフケア講座

腸の入門講座

オンラインフィットネス

⑤コミュニケーションの促進
  ・労働組合と共催のボウリング大会
  ・労働組合と連携して、自治体が実施する健康プロジェクトに参加(2022年度参加率38.4%)
  ・社内クラブ活動費の補助
  ・工場祭である「明神祭」を地域住民にも開放し、実施
  ・職場親睦を図る目的として職場へ厚生慰安費支給

社内クラブ活動(ランニング部)

明神祭

ボウリング大会

⑥自身の健康に向き合う機会の充実
  ・病気やケガによる休職期間中の収入補填制度導入
    2021年よりGLTD制度導入
    (在職中・退職後問わず、標準報酬月額の15%を最長60歳まで収入を会社が補填する制度)
  ・病気治療と就労の両立支援(産業医復職面談)

地域や社会全体の健康に対する貢献

輸送用機器の製造・販売を通し、社会全体の健康増進に寄与する事業を展開しています。

健康経営の取り組みに関するインタビュー記事掲載

【掲載メディア】サントリーウェルネスOnline
【記事名】毎日活き活きと働ける職場を目指して。日本トレクス株式会社にインタビュー
【掲載日】2022年11月28日

【掲載メディア】愛鉄連健康保険組合の機関誌「けんぽだより」
【記事名】健康経営の課題を部門協力で解決 意識向上といきいき働ける職場づくり 日本トレクス(株)
【掲載日】2023年秋号 No.151