グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  サービスニュース >  トレーラのスプリング式駐車ブレーキの解除忘れにご注意ください。

トレーラのスプリング式駐車ブレーキの解除忘れにご注意ください。


(財)日本車体工業会のホームページにサービスニュース「No.37トレーラのスプリング式駐車ブレーキにおいて走行前の「解除忘れ」にご注意ください!」が掲載されました。内容の閲覧については(財)日本車体工業会のホームページへのリンクをご使用ください。又は下記よりダウンロードしてください。

トレーラのスプリング式駐車ブレーキが作動した状態で走行すると、ブレーキの引き摺りにより過熱し、ドラム、ライニングなどのブレーキ部品の破損および最悪の場合、車両火災などの重大事故に至る可能性が有ります。

走行開始前には必ずスプリング式駐車ブレーキが解除されていることを確認してください。

日常点検

  • 駐車ブレーキバルブを何回か操作し、確実に駐車ブレーキが作動、解除されることを確認してください。
  • 駐車ブレーキの作動時、ブレーキバルブより正常な排気音がすることを確認してください。
  • この点検は3ヶ月、12ヶ月点検でも実施してください。
スプリング式駐車ブレーキの取扱方法、点検整備方法については各トレーラに添付の「取扱説明書」および「点検整備方式の手引き」を参照してください。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。