グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  採用情報 >  職種紹介「仕事を知る」 >  製造部 トレーラ製造課

製造部 トレーラ製造課



業務内容について教えて下さい。


コンテナシャーシ、フルトレーラ、重トレーラの製造をしています。行う作業は、NC加工、メインレール加工、メイン組立、溶接、歪取りなど多岐にわたっています。図面の内容をしっかり確認し、高品質な車輌造りを常に念頭に置いています。特に溶接作業は失敗した時に修正するのが非常に大変ですので、最大限に気を使い、間違いのない作業を心掛けています。

職場の雰囲気はどんな感じですか?


学生時代には、近い世代の人としか付き合う機会がなかったので、社会人になって、様々な年代の人がいる中で、うまくやっていけるのか心配もありました。しかし実際に配属されると、上司や先輩の皆さんが、とても丁寧に優しく仕事を教えて下さったので、そんな心配は取り越し苦労に終わりました。ミスをした時には厳しく指導されることもあるのですが、なぜそのミスが起きたのか、修正するにはどうしたらいいのかを丁寧に教えていただきました。また、忙しい時には全員で協力し合い、お互いを補い合うことで効率よく仕事を進めていく、チームワーク抜群の職場です。仕事が終わった後には皆で飲み会に行くこともあり、そんな時は仕事のことは忘れ、楽しんでいます。


特に印象に残っている仕事を教えて下さい。


自分が製造に携わった車両が道で走っているのを見かけた時にやりがいを感じます。中でも特に印象深いのは、歪取りを担当している時に、重トレーラでJAXAの種子島宇宙センターで使用する車両を製造する仕事があり、それに携わったことです。製造したのはロケットの部品を運ぶ車両だったのですが、自分の仕事がこうやって宇宙にまで繋がっていくのだと思うとロマンを感じますね。


日本トレクスについてどのように考えていますか?


トラックやトレーラなど大きなものを製造しているので、仕事が大変そうなイメージでした。実際に入社してみて、大変そうなイメージは間違っていなかったのですが(笑)、今はそれ以上にやりがいを感じています。最初は仕事ができるか不安だったのですが、最近はある程度仕事を覚え、自分一人で考えて動くこともできるようになり、将来自分はどうしたいのか、どうなりたいのか、ということも考えるようになりました。今は鉄の溶接しかできませんが、今後はステンレスやアルミの溶接もできるようになって、今以上に会社に貢献できるようになりたいと思っています。

就職活動中の方へメッセージをお願いします。

面接では明るくハキハキと自分をアピールすることを心掛けてください。そのための練習も必要だと思います。学生という立場から社会人になるという不安、自分に仕事ができるかどうかという不安など、就職活動中には様々な不安を感じると思います。そんな時は就職活動のことは忘れて、思い切って遊ぶことも大切だと思います。