グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  採用情報 >  トレクスガールズトーク♪

トレクスガールズトーク♪


左から、第一特販課 高頭さん、総務課 柳田さん、システム課 平野さん、経理課 石河さん

私たちの入社のきっかけ


司会:皆さんが日本トレクスに入社されたきっかけは何ですか?
柳田:私が日本トレクスに興味を持ったのは高校生の時です。先輩が入社したと聞いて。地元の会社だったので、存在は知っていましたが、入社前には「大きなトラックを作っている会社」程度のイメージしかありませんでした。トレーラがどういうものかとか、業界のシェアがNo.1とか、そういうことも全く知らなくて。ほとんど何も知らないまま入社したのですが、すごく働きやすいので、長くいさせてもらっています(笑)。
石河:私は12年前にこちらに引っ越してきました。前職が銀行員だったので、同じような仕事がしたいなと思っていました。その時たまたまトレクスが経理を募集していたんです。当時は子供が小学1年生だったこともあり、家から近くていいなと思って応募しました。待遇面も当時比較した中では一番良かったので。
高頭:私は、就職先にメーカーを希望していて、会社説明会の時に雰囲気がいいと思った会社に何社か応募しました。そのうちの一社がトレクスでした。採用試験が進んでいき、いろいろな方と面接させて頂く中で、私のことを一番見てくれる会社がトレクスだと感じました。この会社なら自分が成長できると思って。また、入社する前から人事の方にも相談に乗って頂き、親身になって話を聞いて頂けて、あたたかい、いい会社だなと思いました。
平野:私もメーカー志望でした。大学で情報を学んでいたので、システム系の仕事をしたいと思っていました。その業種に絞って就職活動をしていた時にトレクスの募集を見ました。女性のシステム志望が少ないせいか、スムーズに面接も進んだ様に思います。


大事にされているのがうれしい


司会:新人の方々にお伺いします。入社してからの感想を聞かせてください。
高頭:仕事は楽しいです。事務所は和気あいあいとしていますし、先輩は皆さん優しいですし。課長にも仕事を丁寧に教えて頂けるので、やりにくいということはないです。トレーラというと男性のイメージが強い業界ですが、女性でも働きやすいと思いますよ。最近では任せて頂ける仕事も増えてきて、日々やりがいを感じています。
平野:私も仕事を少しずつ任せて頂けるようになってきたのですが、「女だから」というようなことはないですね。男性も女性も同じ仕事をしています。あと、まだ新人なので、わからないことが多いのを結構気にして頂いています。打合せなどで専門的な話が多く出ると、わからないこともまだあるのですが、後から課長や先輩に「どこがわからなかった?」とフォローをして頂いています。
司会:そうやって新人を育てていくのですね。
平野:はい。早くその期待に応えないと、という気持ちになります。
高頭:そうですよね。わからないことを教えて頂いているうちに先輩も私も帰りが遅くなってしまうこともありますし。早く一人前になりたいなと思っています。

スキルアップも積極的


司会:仕事における研修や教育はどうなっているのでしょうか。
石河:経理課では積極的にセミナーに行かせて頂いています。
平野:そういう教育面はしっかりしていますよね。システム課もセミナーには頻繁に参加しています。常に新しい情報を吸収していかないといけない仕事なので。
司会:トレクスとしても人を育てたいという意識が伝わってきますね。


女性が活躍しやすい雰囲気


司会:女性の立場として、トレクスでの仕事のしやすさはどうですか?
高頭:働きやすいと思いますよ。新人の私でも意見は言いやすい雰囲気です。最近の話ですが、以前から課で管理していた表があるのですが、使いやすいように変えてもいいですか?と言って変えさせてもらいました。業務に対する改善や提案は発言しやすい雰囲気だと思います。
石河:他には、休みがとりやすいのがいいですよね。子供の用事などで、午後だけ休みたい、という時でも休みを取りやすいのは助かります。
司会:トレクスには長く勤めている女性が多いというのは、そういう点も含めて女性が働きやすいということなのでしょうね。
石河:女性の働きやすさと言えば、育休に対する意識もずいぶん変わりました。育休をとったのは柳田さんが最初なのですが、柳田さんが育休を取ってから、育休を取る人が増えてきましたよね。
柳田:それも私だけの力では全然なくて、周りから育休を取ってみる?と聞いて頂けたので…。それで、そういう選択肢もあるのかなと思い、どうするのかを考えました。一人だけでできることではないし、周りのサポートもあって、無事に復帰できたという感じです。
石河:女性の総合職もかなり増えてきましたし、会社全体が、女性にもどんどん活躍してもらおうという雰囲気にあふれていますね。
柳田:昔は結婚や出産で辞めてしまう人もいたけれど、今のトレクスの若い女の子に話を聞くと、育休を取って長く勤めたいと考えている人が多くなっていますね。みんなの意識がそう変わることで、育休を取るのが普通になるのだなと感じます。今は育休が当たり前に取れる空気になっていますからね。
司会:若い人からしたらそういう雰囲気というのは感じるところが大きいのではないでしょうか。
高頭:育休のことは今まであまり意識したことがなかったのですけれど、最近育休から復帰された方が、以前と同じようにバリバリ働いておられるのを見て、「私だったらどうするかな」って考えました。まだ少し先のことだと思いますが、ぜひ取得して復帰して、仕事は続けていきたいと思ってます。


プライベートも充実


司会:高頭さんは営業ですが、休みは取りやすいですか?
高頭:休みは取りやすいですよ。例えばたまに祝日が出勤となる日があり、その日に有休を取って休日にする方も多いのですが、私は金曜日に休みたいので、その祝日は出勤して、金曜日に有休を取ります。そのように自由に休みを取ることができます。
司会:トレクスでは地元の東三河だけでなく、様々な地域から来られている方も多いですよね。平野さんの出身はどちらですか?
平野:実家は名古屋です。就職を機に会社の寮で一人暮らしを始めました。今住んでいる寮はワンルームのきれいな部屋ですよ。入る前は、寮というと二人部屋とかでちょっと古い感じ…というのを想像していたのですが、実際は全然違っていました。お風呂とトイレが別なのも良かったし。食事は申請しておくと男子寮の食堂で食べられます。
司会:高頭さんは今どちらにお住まいですか?
高頭:品川です。おしゃれなデザイナーズマンションを借り上げの社宅として使わせていただいています。
一同:いいなー
高頭:その代わりちょっと狭いです。会社の寮のワンルームよりも一回り狭いのですが、すごく満足しています。
柳田:休日は何をして過ごしているの?
高頭:買い物に。せっかく東京にいるので。土曜日に横浜行って、日曜日は表参道とか行っちゃって。
一同:いいなー。
高頭:来週は青山の美容院に行こう!って♪
柳田:私たちも休日はカルミア(豊橋駅ビル)でおしゃれに買い物するもんね!(笑)。名古屋から帰ってきてカルミアを見るとホッとするんだよね。
石河:それ、分かります。(笑)

司会:平野さんは休日は何をしているのですか?
平野:私は家でゆっくり録りだめしていたテレビを見たり、ドライブに行ったり、バイクでツーリングに行ったり…。
司会:バイクに乗るんですか?
平野:はい。会社の人達にもバイクに乗る人が結構いらっしゃって。公式のクラブではないのですが、ツーリングのグループもあります。それで、会社の人達と一緒にツーリングをエンジョイしてます。
柳田:結婚する前は私もアクティブにツーリングにも行ったし、マウンテンバイクも…
高頭:かっこいいですね!
柳田:もう乗れない(笑)。私も会社の人とツーリングに行っていたんですよ。今は会社のボウリング部に入ってボウリングにはまってます。
司会:トレクスは会社のみんなの仲がいいですよね。
柳田:仲はいいよね。お昼休みなんかも、次の休日はどこに行こうかって話をしてる。
石河:若い子は元気だね。私は喫茶店に一人で行って本を読んでます。人と話をすることが多い部署なので、休日はおとなしく。
司会:それぞれの過ごし方で、みなさん休日を楽しんでいるんですね。

元気がとりえなら、是非トレクスの門をたたいてほしい!


司会:最後に、トレクスにこれから入ってくるであろう女性社員の方にメッセージを。
高頭:元気な子が一番好かれますよね。うちの会社って。
柳田:そう。面接重視だと思う。おとなしい子より断然元気な子。
石河:本社があるのは田舎だから、若い人にはちょっと退屈かもしれないけれど、家賃は安いし、物価も安い。かといって何もないわけではないし。いろいろなものがコンパクトにまとまっているんですよ、豊川や豊橋って。無理して満員電車に乗って会社に通う生活よりもいいと思いますけどね。会社の福利厚生も整っているし、長く勤めるにはいい会社だなと思っています。
平野:この辺りは車があればどこでもいけますからね。
司会:就職活動をしている女性に向けて日本トレクスの魅力を教えてください。
柳田:トレクスに来たくなるような?えーと、明神祭も楽しいし、周年イベントも期待できるし、労働組合の行事も楽しいし、ディズニー行っちゃったり、ユニバ行っちゃったり!あとは…ボウリング大会もあるし?(笑)景品いいし!
石河:景品良かったですよね!欲しかった…。
柳田:まあ、楽しい会社には違いないね。あと女性同士の雰囲気がいい。
石河:それはありますね。
柳田:会社全体に女性を大切にしてくれる雰囲気というのもあると思う。
石河:どんどん女性社員を採用してますしね!
司会:平野さんは去年まで就活をしていたということで、就活生に一番近いと思います。何かメッセージを。
平野:私は理系で入社しているのですが、女性ってシステムや設計の仕事を希望する人が少ないんですよね。でもトレクスには活躍している女性の先輩もいますし、女性でも男性と同じように仕事ができるので、元気でやる気のある人は是非応募してください!